クレジットカード現金化の手数料を安くする方法を徹底解説!

2019年12月02日
時計とお金

クレジットカード現金化にかかる手数料を安くする方法を全部で6つご紹介して参ります。

全て誰でも簡単に実践できる方法なので、高い換金率でクレジットカード現金化をしたいとお考えの方は参考にしてください。

クレジットカード現金化の手数料

ベストプライス

現金化業者を利用してクレジットカード現金化を行う場合、手数料がかかってしまいます。

クレジットカード現金化にかかる手数料の内訳や相場は以下の通りです。

手数料の内容金額・内訳
商品の発送料数百円~1000円程度(お住いの地域による)
入金の際の振込手数料数百円~1000円程度
クレジットカードの決済手数料3%
消費税10%
その他事務手数料3000円前後

クレジットカード現金化には上記の手数料が発生し、当然ながら手数料の分、換金率は低くなってしまいます。

100%の換金率でクレジットカード現金化をするのは不可能で、手数料の分だけ損をしてしまうことは避けられません。

しかしながらクレジットカード現金化にかかる手数料を安くする方法は存在します。

続いてその方法を詳しく解説していきましょう。

クレジットカード現金化の手数料を安くする方法

知識がある男性

クレジットカード現金化の手数料を安くする方法としては、以下の方法が挙げられます。

  • ネットバンクを振込先の銀行口座に指定する
  • jcbカード以外のクレジットカードで現金化をする
  • Eメールタイプのギフト券を現金化に使用する
  • 現金化業者のキャンペーンを活用する
  • 現金化するクレジットカードの枚数を増やす
  • ネット型現金化業者に申し込みをする

それでは順番に詳しく解説していきましょう。

①ネットバンクを振込先の銀行口座に指定する

クレジットカード現金化のお金は銀行振込となりますが、その際にかかる振込手数料は利用者負担となります。

振込手数料はクレジットカード現金化する金額によって異なりますが、1000円前後かかってしまうこともあります。

そこでクレジットカード現金化のお金を受け取る銀行口座は、ネットバンクにすることをオススメします。

ネットバンクであれば、普通銀行の口座よりも振込手数料を安く抑える事ができます。

また多くの現金化業者がネットバンクを使用している事が多く、同行間であれば振込手数料は無料にもなります。

お得にクレジットカード現金化をするのであれば、ネットバンクの活用は必須と言えます。

②jcbカード以外のクレジットカードで現金化をする

クレジットカード決済を行うと、店舗側は決済手数料を支払う必要があります。

本来ならば、決済手数料は店舗側が負担すべき手数料であり、利用者が負担する事はありません。

しかしながらクレジットカード現金化においては、決済手数料は利用者負担となります。

決済手数料を安くする方法はありません。

ただ、一般的にJCBカードは他のクレジットカードよりも決済手数料が高いと言われています。

そのためクレジットカード現金化に使用するカードはJCBカード以外のクレジットカードを選ぶことをオススメします。

③Eメールタイプのギフト券を現金化に使用する

クレジットカード現金化の際には現金化業者から商品が送付されてきます。

その際にかかる商品の発送手数料は、利用者負担となります。

クレジットカード現金化はあくまで商取引ですので、商品は必ず受け取らなければいけません。

そのため配送手数料がかかってしまうことは避けられません。

それでも、Eメールタイプのギフト券をクレジットカード現金化に使用すれば、商品の発着は不要となります。

Eメールタイプのギフト券はメールやメッセージアプリ内で送受信をする事ができ、商品を梱包して送付する必要がありません。

したがって発送手数料はゼロとなります。

関東近郊以外にお住いの方で、商品の配送手数料が高くついてしまう、という方は、Eメールタイプのギフト券をクレジットカード現金化に使用している現金化業者を利用しましょう。

④現金化業者のキャンペーンを活用する

現金化業者によっては、

  • 初回利用者限定キャンペーン
  • リピーター限定還元率アップ
  • 法人カード優遇
  • 女性利用者限定!レディースキャンペーン

といったキャンペーンやプランを設けています。

これらのキャンペーンやプランを活用すれば、換金率をアップしたり、手数料を安くする事が可能です。

「手数料を安く抑えたい」

とお考えの方は、キャンペーンやプランを設けている現金化業者を利用するようにしましょう。

⑤現金化するクレジットカードの枚数を増やす

クレジットカード現金化にかかる手数料は、現金化する金額に反比例します。

つまりは

クレジットカード現金化する金額が高ければ高いほど、手数料は安くなり、

クレジットカード現金化する金額が低ければ低いほど、手数料は高くなってしまいます。

そのためクレジットカード現金化の手数料を低くするのであれば、現金化する金額を上げることをオススメします。

ただ単純にクレジットカード現金化する金額を増やしてしまうと、カード会社に現金化がバレる可能性が高くなってしまうので注意が必要です。

そこでクレジットカード現金化の金額を上げるのであれば、複数枚のカードで現金化の申し込みをしましょう。

複数枚のクレジットカードで分けて現金化を行えば、現金化の金額は増えますしカード会社に怪しまれる心配もありません。

⑥ネット型現金化業者に申し込みをする

現金化業者には、店舗型業者とネット型現金化業者の2種類が存在します。

店舗型現金化業者は、文字通り店舗を構えて営業を行っている現金化業者です。

一方のネット型現金化業者は、店舗ではなくネット上で運営を行なっている現金化業者です。

店舗型現金化業者は、店舗運営をしている分、家賃や光熱費といった経費が多くかかってしまいます。

経費が多くかかる分、店舗型現金化業者の手数料ややや高めです。

一方のネット型現金化業者の場合、店舗型現金化業者とは異なり、店舗経営のための経費がかかりません。

ネット型現金化業者は経費がかからない分を手数料に還元しています。

したがってネット型現金化業者を利用すれば、店舗型現金化業者に比べて低い手数料でクレジットカード現金化をする事が可能です。

ネット型現金化業者と店舗型現金化業者の比較で迷った際には、一つのチェックポイントにしてください。

まとめ

approved

クレジットカード現金化はカード一枚で簡単に数万円単位のお金を手にする事ができる一方で、手数料がかかってしまうというデメリットがあります。

手数料の分、利用者は損をしてしまうことになり、また手数料分を金利換算すると利息制限法で決められた法定金利を大幅に上回ってしまうということには注意しなければいけません。

そのためクレジットカード現金化の際には、本記事でご紹介した方法を参考に、手数料を安くするための工夫をするようにしてください。

ネットバンクを活用する、ネット型現金化業者に申し込みをする、といったことは誰でも簡単に実践する事ができます。

少しでも換金率を高くするために、是非とも取り組みましょう。

ただ換金率だけで、利用する現金化業者を決めるのは非常に危険です。

現金化業者の中には利用者を騙すために、嘘の換金率を提示している悪徳業者も存在しています。

高換金率・低手数料といった言葉に騙されてしまうと、ふとに高い手数料でクレジットカード現金化する羽目になったり、クレジットカードを悪用されるといった被害に遭ってしまいます。

そのためクレジットカード現金化をする際には、信頼性が高い優良業者を利用するようにしましょう。

優良現金化業者であれば、手数料は相場よりも低く、キャンペーンやプランなどを豊富に用意しているため、低い手数料でクレジットカード現金化をする事ができます。